引っ越し業者を決めたぞ~い!4社の訪問見積もり結果について

2021年11月23日(火)
勤労感謝の日で祝日です!

そもそも勤労感謝の日とは何なのか?
ちょっと気になったので調べてみました。

勤労感謝の日である11月23日はもともと新嘗祭(にいなめさい)という「天皇が新穀などの収穫物を神々に供えて感謝するお祭り」が行われており、1873年から休日(祝日)となりました。
その後1974年、祝日名称の見直しが行われ「収穫に対して感謝する日」から「生産を感謝する日」という意味合いに変わり、勤労感謝の日となったそうです。
(雑に端折ってますが)

現在の「国民の祝日に関する法律」によると

勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう

という趣旨の祝日だそうです。
(*’▽’)ノシΩ ヘェーヘェー

働けることで生活できるわけですから、ありがたいですよねぇ~
(小並感)

本題

タイトルにもありますが、引っ越し業者を選びました!
家の引き渡しが12月の初めごろに決まり、「引っ越しを12月中旬にやろう」ということで業者を探し始めました。

最初にネットでよく見かける「ワンクリックで簡単見積もり」的なサービスを使いました。
そしたら電話が来るわ来るわ…
( ;∀;)

トータル6件ほど「訪問見積もりをしたいのですが日程いかがでしょう?」という電話がありました。
CMとかでよく聞く会社が4社、初めて聞く会社が2社という内訳でした。

妻が不在だったので「日程確認します」と伝えて切る。
後日「ご確認いただけましたでしょうか?」と電話をしてきたのはCMでよく聞く大手4社だけでした。
こういう所で差が出るんだなぁ~…
(´-ω-`)

訪問見積もり来た順番に

  • A社:品質面で国の認証を得ています!品質面はお任せください!
  • B社:他社さんは「安い」と言いながら後々高くなりますからねぇ~(ニヤニヤ)
  • C社:家の保護などしっかりしています!独自の箱など使って梱包の手間も省けますよ!
  • D社:運搬方法、使用するトラックなど詳細に説明!低姿勢で親身な対応!

という感じです。

予約の時間通りに来たのはB社だけでしたが(A,C,D社は30分~1時間遅れ)、B社は結構雑な感じがしました(無言で見てメモしていくだけ。高価なものの聞き取り等なし)。
営業さんの感じから「B社はないな」と思っていました。

各社、訪問見積もりの場で金額が提示されます。
結果は!

A社:14万円
B社:14万円
C社:8.3万円
D社:22万円

ここまで大きな開きが出るとは…
(;’∀’)

最終的に金額が一番安く、見積時の説明で品質面も納得できたC社ことアート引越センターにお願いしました~!

会社ごとでなぜここまで差が出るのかアート引越センターに確認したところ…

必要なトラックのドライバーが多いことが要因の1つかと思います。
今回3トントラックで運べる物量と認識しました。
弊社は3トントラックの運転手の層が厚くドライバーを捕まえやすいので、安価でできそうです。

とのこと。
そういえばD社は「この量なら4トントラックになりますね」って言ってたなぁ~

各社ドライバーの体制や時期、荷物量などで金額は変わりますが、我が家の場合を1例としてご参考にしていただければ幸いです。

引っ越しの準備しないとなぁ~
(;’∀’)

それでは今日はこの辺で!
寒くなってきたので体調管理には気を付けましょう!

管理人:タカアキ
(/・ω・)/

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です